記帳代行とは仕訳帳など毎年の税務申告に必要な各種帳簿の作成を代行してくれるサービスです。

記帳代行を行なう業者に、売上げ伝票・領収書・請求書・預金通帳などを預ければ帳簿を作成してくれます。

私が初めて依頼した記帳代行サービスは、料金の安さから単純に帳簿を作成するだけのサービスでした。しかし、出来上がった帳簿は不備のあるものでした。

これは依頼した業者のミスと言うより、こちらから渡した請求書と領収書が足りなかったために生じたものでした。

記帳代行業者もそのことは分かっていた様ですが帳簿作成だけの依頼だったので不備が生じてしまったのです。

このことを反省して現在では少し料金は高くなりますが、税理士事務所の記帳代行サービスを利用して、税務や経理のアドバイスを貰う様にしています。

税理士にも得意不得意があります

会社を経営している人、これから起業しようとしている人にとって税理士は重要なアドバイザーです。でも良い税理士をどうやって見つけたらよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

一口に税理士と言っても、業務の中で得意不得意があり、それまでの経験によっても違ってきます。つまり税理士に何を求めているのかによって、選ぶ会計事務所が異なります。

税務申告書を作成することや、帳簿への記入を代行してもらうことだけでよいのか、もしくは経営や資金の運用に関することのアドバイスを受けたり、コンサルティング的な要素も必要なのか。

顧問契約を結ぼうとしている税理士が、今までどの程度の業務を行ってきたのか聞き出してみてください。

普通は銀行で融資をしてもらう際に合わせて税理士も紹介されたり、もしくは知人からの紹介というケースも多いでしょう。しかし自分に合った税理士かどうかは、実際に面談をしてみなければわかりません。

面談が無料か有料かなどの違いはありますが、実際に税理士本人に会ってみて、どのようなことを税理士にしてもらえるのか、きちんと確認をするようにしましょう。

地元の税理士会や、地域の税理士事務所をたずねて面談の約束をとりつけ、顧問料に見合った業務を行ってくれるのかどうかを知ったうえで契約を結んだほうがよいと思います。

税務署の近所には大概会計事務所がありますので、そこでまず目についた事務所を訪ねてみてはいかがでしょうか。

一人の税理士とだけではなく、インターネットで会計事務所を検索してみたり、時間をかけて複数の税理士と実際に会って話をすることが大切です。